つな雑記

データアナリストが日々のことなど書きます

NFT×ファッションまわりの話題をおさらいする

こんばんは。今日は3食お餅を食べたツナです。

 

昨年からバズワードになっている「NFT」。

さまざまな業界で活用が期待されていますが、とくにファッション業界まわりのNFT動向について気になったので、記事をざっと集約しています。(※下にスクロールするほど記事をさかのぼっています。記事の内容の出来事は時系列ではありませんのでご注意を。)

詳細は各リンクからどうぞ。

 

---

Is this the world's largest virtual fashion show? - BBC News

2021.12.23(現地時間)

  • Zepetoはアジア最大のメタバースプラットフォームであり、ユーザー数は約25億人。わずか3年前にリリースされたばかり。ユーザーの約70%は女性であり、一部は10代の若者。InstagramFacebookに代わるSNSとして注目されている。

  • バーチャルファッション専門のデザイナーも登場しており、収益を上げている。
  • デジタルヒューマンはすでに韓国のゲーム、エンターテインメント、ホームショッピングプラットフォームの多くに「住んで」おり、実際の有名人のように振る舞う。人工知能(AI)のインフルエンサーであるRozyは、100を超える実際のスポンサーを抱えている。
 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 로지_버추얼 인플루언서 (@rozy.gram)

www.instagram.com

 

 

Luxury Sees Billions in Rolex, Hermes and Gucci NFTs

2021.12.17(現地時間)

  • ドルチェ&ガッバーナ」、「バーバリー」、「グッチ」をはじめとしたラグジュアリーブランドや、ほかにも「ZARA」などがファッションNFTへ参入。
  • 「ナイキ」は、仮想スニーカーに力を入れるべく、ファッションNFTのパイオニアである「RTFKT」を買収。また、その数日後に「アディダス」はNFTコレクションを発表。
  • ジェネレーションYとZは2025年までに世界の高級品市場の70%以上を占める。当然、バーチャル上の製品は製造コストが低いため、利益率が高くなることが予想され、これが企業にとっての大きなメリットに。

 

NFTとは何か?誰が買うのか?ファッションはどう参入できるのか? 業界が知っておくべきトピックス - WWDJAPAN

2021.05.21

  • バーチャルブランド「RTFKT」と10代のアーティスト、フュウオシャス(Fewocious)がコラボレーションしたNFTスニーカーコレクションが、7分のうちに310万ドル(約3億3480万円)で落札された。これは「スナップチャット(SnapChat)」のARレンズを通して見えるもの。

  • 「RTFKT」は、4月にデジタルクチュールブランド「ザ・ファブリカント(THE FABRICANT)」とのコラボレーションを発表。「ザ・ファブリカント」はファッションブランドとして初めてNFTをリリースしたブランドで、その虹色に光るドレスは19年3月に9500ドル(約102万円)で落札された。

www.thefabricant.com

  • LVMH傘下にある「リモワ(RIMOWA)」は、デザインスタジオのヌオヴァ(NUOVA)とコラボレーションしたNFTコレクションのオークションを5月18日に開始。
  • LVMHは「プラダPRADA)」「カルティエCARTIER)」と共同で、ラグジュアリーアイテムのトレーサビリティーと鑑定の証明になるブロックチェーンコンソーシアム「アウラ(AURA)」も設立。
  • "『スニーカーのコレクターたちは、レアスニーカーをひたすら手に入れる。だがそれを一度も履きたいとは思わないのだ。なぜ履かないスニーカーのためにクローゼットスペースを割く必要があるのか?』"
  • 消費者が購入のためのセットアップが必要な点にハードルあり。

 

追記:開始9分で落札 日本初のバーチャルスニーカー発売、価格は5イーサリアム - WWDJAPAN

2021.04.20

  • バーチャルヒューマン事業などを展開するワンセックが、4/22から、北米で日本初のバーチャルスニーカー“エアスモーク1(AIR SMOKE 1)”を発売。
  • 5イーサリアム(約124万円、4月23日時点)と高額だったが、販売開始からわずか9分で落札。

youtu.be

 

デジタルファッションって何?…デジタル空間で自分を飾るアイテム。NFTアートのように高額で取引される例も | Business Insider Japan

2021.04.08

  • すべてのデジタルファッションハウスがNFTを販売しているわけではなく、多くのデジタルデザイナーは、オンラインで購入して写真に合わせることができるデジタルの服を販売している。そのようなブランドのひとつが「トリビュート(Tribute)」だ。デジタル空間にしか存在しない、ストリートウェア風の衣類を販売している。

  • 物理的に生産されているわけではないため、工場の稼働や製品の輸送、梱包など、ファッション業界には付き物だった生産に伴う環境汚染がない。= サステナビリティとも親和性が高い。

 

グッチがVRChatアバター向けスニーカー「GUCCI Virtual 25」発売、デジタル限定モデル | TechCrunch Japan

2021.03.22

  • グッチがVRChat などのアバター向け「デジタルスニーカー」を発売。価格は、2プラットフォーム向けデジタルモデルとAR試着・共有機能の解禁、アーティスト壁紙等がセットで1400円程度。

  • Gucci 公式アプリに新設されたインタラクティブなスニーカー売り場「Gucci Sneaker Garage」から購入することで、ソーシャルVRプラットフォームの VRChat と、ソーシャルゲームプラットフォームの ROBLOX向けデジタルモデル「Gucci Virtual 25」を入手可能。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Wanna Kicks (@wannakicks)

www.instagram.com

 

How To Get The Gucci X North Face Collection Avatar Items In ‘Pokemon GO’

2021.01.05

  • 「グッチ」と「The North Face」のコラボ商品が「ポケモンGO」内でリリース。
  • 価格は無料。